dj_top

houkisou*

Author:houkisou*
 * My Family * 
夫    
長男 そう (11)
長女 みみ (5)

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

2012年 03月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【14件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【18件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【22件】
2010年 09月 【26件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【27件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【30件】
2009年 12月 【12件】

家族* (33)
子ども達* (17)
息子* (41)
娘* (43)
自分* (9)
お出掛け* (49)
小学校の図書室* (16)
絵本・本* (16)
子どもの病気* (6)
衣* (6)
食* (15)
住* (3)
インテリア* (10)
雑貨* (2)
考えごと* (5)
記念日・行事* (16)
親* (6)
入園準備* (6)
贈り物* (8)
携帯投稿* (12)
はじめまして* (1)
未分類 (1)
震災 (10)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

http://houkisou.blog110.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.03.11(Sun) 15:00
あの日から一年。
家族で黙祷させて頂きました。

家族ともに過ごせることに感謝しながら 生きていきます。





_____


いつか・・・
このblogにも帰って来たいです。
それまで皆さんお元気で(^^)/


houkisou* 
スポンサーサイト
Category:震災 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.05.13(Fri) 19:30
あっという間にGWも終わりましたね。
我が家は相変わらず 毎日バタバタと賑やかに過ごしております




GW中は お庭仕事も進みましたよ~。
庭のフェンスにペンキを塗ったり 畑に野菜の種をまいたり 草取りをしたり♪
ペンキ塗り
娘みみも 楽しんでペンキを塗り塗り
あのねー この後は洋服も靴も顔も髪も まっ白!で大変だったんですよ(笑)
でも自由にやらせたら とっても嬉しかったみたい




庭のお花も だいぶ咲いて来ました。
うれし~♪
わすれな草
わすれな草も増えた増えた^^*



芝桜
芝桜も~♪



紫の花
これは何の花?ネモフィラかな?
去年植えた覚えがないのに ひっそり咲いてた♪




ワタクシ 今年は 畑デビューを果たしましたよ~!!

義父が耕運機で耕した土に肥料(鶏糞)を与えてくれて。
私は ただタネをまいただけですけど(笑)
およそ5日経過して 小カブの芽が沢山出てきた♪
かぶの芽

野菜を育てるの ちょっと楽しいかも!他にも色々育ててみたくなったなぁ。
収穫はいつなのかな?とても楽しみです^^*



line7.gif


今年の母の日。
「腰が痛い~」と毎日大騒ぎしたのが功を奏し(?!)
夫が ルルドのマッサージクッションをプレゼントしてくれたよ~^^*
母の日
毎日 一階のソファでマッサージしながら読書やPC。
そして寝る時は 二階に持参してベッドの上でまたまたマッサージ。
ありがたや~
娘は幼稚園で 似顔絵を描いてきてくれて。
息子も何とか描いてくれた模様(^^ゞ
全部大切にするねー(*^o^*)


line7.gif

それにしても ワタクシ。
震災以来 ずっと「地震酔い」が続いてまして・・・(涙)
自分がめまいで揺れてるのか 本当に微震が起きているのか分からなくて

↓独立行政法人 防災科学技術研究所が強震モニタを 常にチェックする習慣がつきました。

http://www.ustream.tv/channel/nied-kyoshin01


地震が来ると 地表の色が変化して知らせてくれるこのモニタ。
地震酔いの有る方にはオススメです。

まだ色んな場所で余震が続いてますね。
皆様もどうぞお気を付け下さい(><) 
Trackback(0) 
Category:震災 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.04.28(Thu) 11:00
このたびの震災を機に・・・随分長い間 連絡を取り合って無かった人たちから
沢山の電話やメールを頂き 感無量でした。

なんと中学卒業以来初めて電話で話した友人も。
高校卒業以来初めて話した友人も。
離職後初めて話した同僚も。

沢山の方々が「岩手に住んでる」ということで私を思い浮かべて電話やメールを下さったことに
言葉にならない程の 感謝です。

ブログのお友達からも沢山の温かいメッセージを頂いて
本当に感激しました。
皆さま 改めて 本当にありがとうございましたm(__)m
blogでも何度か書きましたが・・・
私は今回の震災で何一つ大切なものを失った訳ではありません。
それなのに こんなに沢山の方々から心配して頂いて・・・
本当に本当に感謝の気持ちと共に 恐縮の気持ちでいっぱい・・・


震災後には物流が止まって困っているだろうと ご心配頂き
沢山の知人・友人から 愛の宅急便も届きました♪
箱には品物と共にハートがいっぱい詰まっていて
愛の宅急便を開けるたびに
まったくもって涙が止まらない私なのでした。


ひいちから
↑ホットケーキミックスが売ってないことを知って すぐに送ってくれた高校時代からの親友ひいち♪
盛岡で放射線物質が検出されたこともあって 水もすぐに送ってくれたんだよね(感涙)
本当にありがとう!!
沢山の美味しいお菓子は家族の皆を笑顔にしてくれました!!
北菓楼のおかきなんて 殆ど独り占めしちゃった(ニヤリ)
おいしぃ~♪
バームクーヘンは 楽しみを残して食品庫に大切に保管中^^♪
ひいち、本当にありがとう!!
感謝の気持ちでいっぱい^^☆



ちーから
↑宅急便が動き出したと同時にすぐに送ってくれた 会社時代からの親友Cちゃん♪
そう&みみへのお下がりのお洋服もとっても可愛いいものばかりで大助かり!!
その他 沢山の乾物や 海外土産のピアスやローションも。
みみには可愛い耳あても!!
関東も品薄で大変な時期に 開店前のお店に並んで入手してくれた食材・・・。
本当に貴重なものを・・・
ほぼ毎日電話で長話をしているCちゃん。
いつも支えてくれて 本当にありがとう♪
感謝の気持ちでいっぱい!!

ピアス
↑Cちゃんから頂いた素敵なピアス。
大事にするね♪
宝物がまたひとつ増えたよ~




Mちゃんから
↑北海道のMちゃんからも宅急便が♪
沢山の食料を段ボールに詰めて送ってくれました!!
旦那さまは自衛隊で宮城に支援に行ってる最中で・・・
ご自分のご家庭も大変な中 私にまで心配りをして頂いて・・・(涙)
本当に感謝です。
電話が通じるようになってから 20年ぶり話したMちゃんは 昔のままのMちゃんで。
とても嬉しかったな^^
Mちゃん ご自身も大変な時に 本当にありがとう!!
感謝でいっぱい^^☆





Kちゃんから
↑会社時代の同期Kちゃん。
小田原に住んでるので 小田原名物のかまぼこを送ってくれました!!
ずっと年賀状しかやりとりしてなかったのに(><)
大きな余震があって停電した直後に届いた 貴重な貴重なかまぼこ。
大切に家族で有難く頂戴しました♪とっても美味しかった^^
本当にありがとう Kちゃん!!
感謝^^☆




兄から
↑関西に住む実兄の家族も 凄く心配してくれて・・・
驚くほど沢山の乾物やキャンドル お水などを送ってくれました!!



兄から2
↑キャンドルも 停電時に使うには勿体ないほどの可愛いキャンドルで^^
その他に とっても良い香りのするサシェも入ってて 良い香りに癒されました!!
お兄ちゃん お姉ちゃん本当にありがとう!!



実家から
↑実家からも 沢山届きましたよ^^




私はなんて 周りの人たちに恵まれているんだろう。
「感謝」というニ文字では言い切れないほどの有難気持ちで いっぱいです。
(自分の語彙力不足が とてももどかしいぞっっ。)
皆さんの温かい思い。
私は一生忘れない。


みんな みんな 本当にあったかい。
あったかいなぁ・・・。

私も 誰かの気持ちを少しでもあたたかく出来るよう
哀しい気持ちで居る人には 当たり前に手を差し伸べることができるよう

皆さんを見習って これからの人生を過ごしていきたい。
皆さんへ感謝の気持ちを込めて。
love!!



*****

昨日からやっと息子が平熱に近づいて来たよ~^^
あとちょっとだな。
ご心配下さった皆様 ありがとう♪

昨日は 息子がインフルエンザで寝ているところ なんと家庭訪問も有ったのです。
延期になるのかと思いきや 先生マスクマンで登場^^;;
優しそうな男性教諭で安心です。


*****


GWは何処へも外出出来ないと思うので お庭のメンテナンスに励みたいな。

皆さんも楽しいGWをお過ごし下さいね~!(^^)! 
Trackback(0) 
Category:震災 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.04.22(Fri) 11:52
久々の更新です^^;
またゆるりと更新していけたらいいな~って思ってます。


*****

4/2(土)

このたびの震災を心配した実母が 孫の顔を見て安心したい!ということで
介護中の祖母をショートステイに預けて 我が家へ来てくれました。
深夜バスを使って 東京駅→盛岡駅 8時間の旅。

そう&みみは 大喜びで 母が滞在中は 朝から晩まで母にくっついてましたよ^^
(私は相当 ラクさせてもらいました!Thank You~☆)


4/7(木)に大きな余震があった時も 夫は仕事で居なかったので
母が居てくれて 私もとても心強かった!!
夜中の地震→停電は やはり凄く恐ろしくて(><)
この時は 一日で 停電から復旧したので ホッとしました。

余談ですが・・・停電翌日 小学校は休校に。
停電によって 電話が不通だったので 学級連絡網が機能せず 大変でした!
(結局 携帯電話を知ってる人同士で連絡を取り合ったのでした^^;)

停電時の 家←→学校 連絡手段を見直す必要があると思います。





*****



4/18(月)


母が東京へ帰宅。

帰路は飛行機の予約がとれたので みみと二人で 花巻空港へ送りに行きました^^
花巻空港
↑花巻空港。
リニューアルしたばかりで綺麗です。


空港でお茶
↑出発の時間まで時間があったので お茶タイム~。
この時までは ご機嫌だったみみですが・・・


手荷物検査に入るギリギリの場所で ばぁばと離れることを察したみみが号泣開始。
何とか 言い含めて 展望デッキへ移動・・・


展望デッキ
↑まだ泣いてます^^;

「いやだ~ ばぁばに会いたいよ~」





落ち込むみみ
↑あらら・・・^^;
落ち込んで うなだれてしまった^^;





バイバイ

↑飛行機が 滑走路を走り始めてから ずっとずっと手を振り続けるみみ。
何だか私まで 泣けてくる~・・・


次に会えるのはいつかな?


震災後すぐに飛んでくてくれた母に感謝です!!
少しでも親孝行したいと思い 母滞在中に 温泉へ二回ほど一緒に行きました。
(その記事も 余裕があったら書きたいな。)



昨日から 幼稚園も給食が始まったので 私もようやく少し一人の時間が出来ました^^*
また皆さまの処に少しずつお邪魔出来そうです。
今後とも どうぞヨロシクお願いしますm(__)m 
Trackback(0) 
Category:震災 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.04.06(Wed) 21:30
今日から 子ども達二人とも新学期
この日を待ちに待っていた二人。

そうは 校門の開く7:30に着くように 朝早く自宅を出発^^
(いつもこのくらい 支度が早いといいんだけどね)
クラス替えがあるので ドキドキしながら登校~。

みみもクラス替えがあるので ハラハラさん。
昨夜まで喘息気味だったけど 今朝は大丈夫そうだったので 登園。
登園前に「ハイ ポーズ!」
新学期みみ
今日から モモ組さんでーす^^



*****

「ただいまー!!」
元気な声のニコニコ笑顔で帰宅した二人^^
紅白帽
「みみ 担任の先生は どなただった?」
「担任の先生の名前 忘れちゃったー。前はスミレ組の先生だった可愛い先生だよ」
「はは~ん。T美先生ね^^楽しい一年になるといいね~」

幼稚園帰宅後 園の運動用帽子をかぶって おちゃらけてる みみ^^





みみ階段
何故か 室内で 麦わら帽子を被ってますね~^^
二階から 大好きな絵本『こんとあき』を持って来ました。






そう教科書
「そうは どうだった?」
「Y君と違うクラスになっちゃったよ~(泣)  先生はS先生だよ!」
「Y君と離れちゃったのは残念だったけど またきっと新しくお友達がいっぱい出来るよ^^」

一番の仲良しY君と離れて 意気消沈の息子そう・・・。

暫く経ったら 気を取り直して 今日頂いて来た新しい教科書を早速チェック!
(お行儀が悪いのは許してねっ 汗)





教科書沢山
今年の新5年生から 英語教育が始まりますよ~。
「英語ノート」を持ち帰りました。




そして・・・。

息子の国語の教科書に掲載されてた教材を見て 驚きました。




『百年先のふるさとを守る』(河田恵昭)

「稲むらの火」を元にして書き下ろした教材。

江戸時代に紀州藩広村(現・和歌山県広川町)を襲った大津波から
人々を救った実業家浜口梧陵の伝記。

物語は1854年、安政南海地震で広村が大津波に襲われた際
浜口がワラに火を放ち 暗がりで逃げ惑う村人を高台に誘導したという実話に基づく。
作家小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が明治時代に英語で小説化し
それを基に地元の小学校教員が児童向けに翻訳 再構成した。

浜口梧陵は次の津波に備えるため私財を投じ 住民とともに4年をかけて
全長約600メートルの堤防を完成させた史実を取り上げた。

「稲むらの火」はアジア各国の言語にも翻訳され 
2004年のスマトラ沖地震による津波被害後には 当時の小泉純一郎首相と
シンガポールのリー・シェンロン首相との間で話題になったこともある。

(2011/03/31 08:50 更新)sakigake on the webより要約。





この教材は 今回の震災前から掲載が決まっていたとのこと。
今回の大地震・大津波の傷を背負ったままの子どもたち・・・
この話をどのように捉え どのように消化していくのかな。
まだこの地震について学ぶには時期尚早のような気持も 個人的にはあるけれど・・・。

*****

息子の小学校にも 二名 被災地からの児童が転入してきたそうです。


みんな みんな
日本中の子ども達みんなが
一筋の希望の光を集めながら
やがて 大きな希望の束を手にするその日を胸に。

私も微力ながら 自分に出来ることを探しながら
続けていきたい。




DREAMS COME TRUE「何度でも」
 
Trackback(1) Comment(25) 
Category:震災 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ♪はじめの一歩♪, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。