dj_top

houkisou*

Author:houkisou*
 * My Family * 
夫    
長男 そう (11)
長女 みみ (5)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

2012年 03月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【14件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【18件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【22件】
2010年 09月 【26件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【27件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【30件】
2009年 12月 【12件】

家族* (33)
子ども達* (17)
息子* (41)
娘* (43)
自分* (9)
お出掛け* (49)
小学校の図書室* (16)
絵本・本* (16)
子どもの病気* (6)
衣* (6)
食* (15)
住* (3)
インテリア* (10)
雑貨* (2)
考えごと* (5)
記念日・行事* (16)
親* (6)
入園準備* (6)
贈り物* (8)
携帯投稿* (12)
はじめまして* (1)
未分類 (1)
震災 (10)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

http://houkisou.blog110.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.01.15(Fri) 13:07
娘のことを書こうと思います。

娘のみみは来週3歳の誕生日を迎えます。
私達夫婦にとってこの「3歳」という誕生日には特別な思いがあります。
「とにかく3歳までは、がむしゃらに育てよう」と思ってきたからです。

みみは出産当時、呼吸に問題があり、NICUに一ヶ月入院していました。
NICU室内中に響く「ヒューヒュー」という喉の呼吸音。
とても苦しそうで、私には「ヒューヒュー」が「助けてー」に聞こえて、ただただ自分を責めていた当時が思い出されます。
診断は「喉頭軟化症」というものでした。
「喉頭軟化症」とは、喉頭上部の軟骨が未熟で柔らかすぎる為、息を吸うときに潰れてしまったり、喉頭蓋や被裂部が気管に引き込まれ呼吸困難やチアノーゼが現われる病気です。
未熟児に多くみられ、特に泣いたときや哺乳の時に強く症状がでます。
みみも2376gと小粒で生まれたので、それも一因だったのでしょうか。
原因は今でも分かりません。

成長とともに組織や軟骨が強くなると治る病気で、長くても2歳ぐらいまでの病気といわれています。
みみも例外では無く、2歳を過ぎてからは呼吸音も殆ど無くなりました。
まだ風邪をひいたり、ふとした時に「ゼェゼェ」と聞こえますが、産まれた頃を思えば、今では無音も同然です。
1歳半に初めて喉の奥までファイバースコープを入れましたが(鼻から入れました)、その時は「喉頭軟化症」は治癒していて、残されたのは「片側声帯麻痺」という診断でした。

ただその道程は、親としてはなかなか大変なものがありました。
ミルク飲みが悪いのも病気の特徴だったのでしょうが、4ヶ月を過ぎた頃からどんどんミルクを飲まなくなり、もはや栄養は母乳に頼るのみ。
しかし母乳もストレスで出なくなり・・・。
毎週、産まれた小児科に栄養確認のため通院していました。
今では「食べ過ぎっ!」と叱られる程の食欲で、当時悩んでいたのが嘘のようです。
なるべく泣かさないように、風邪をひかせないように育てるのは、神経を使う手のかかる子育てでもありました。

0115mimi3

生後5ヶ月当時のみみ。

風邪をひかせないように注意してきたつもりでも、やはりどうしても風邪はひきます。
昨年の春には風邪が悪化して「喉頭炎」となり、喉が狭いみみにとってはそれは過酷だったようで酸素不足になり、「気管切開」の可能性も医師に示唆されました。
何とか食い止めようと親も必死でした。
何とか気管切開せずにここまで来られたのも、主治医や周囲の応援あってこそと、沢山の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
まだまだ爆弾を抱えているようなものですが、それでもようやく3歳の誕生日
本当に良かった
今では兄より気の強い女の子に成長しています。
0115mimi2
今日も元気なみみ。雪あそびたのちいな♪


誰よりもサポートし続けてくれた実家の母が明日から我が家に遊びに来ます♪
みみの誕生日を皆でお祝いしたいと思います。
健康であることの有り難味を噛み締めて。


ランキング参加中です♪ポチッとして頂けると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ



関連記事
 
Trackback(0) Comment(10) 
Category:子どもの病気* 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

ほんとにほんとに

ブログで拝見してきた明るく元気なHOUKISOUさん、そしてみみちゃん、生まれたときにそんな大変なことがあったんですね・・・
爆弾を抱えての育児が、どれほど大変か・・・
のほほんと暮らしてきた私なんかには想像もつきません。
うまい言葉も見つかりません。

でも、今みみちゃんが元気で、そう君も元気で、ご家族みんなが楽しく暮らしてらっしゃるのは、周囲のみなさんももちろんですが、HOUKISOUさんとご主人が、そしてそうお兄ちゃんとみみちゃん本人が、一生懸命頑張った努力の賜物だと思います。

そんなご家族みなさんを、心から尊敬します。


NAME:hachachan | 2010.01.15(金) 17:25 | URL | [Edit]

 

hachachanさんへ☆

温かいコメントをありがとうございます♪
とっても嬉しいですi-237
3歳の誕生日に思い入れが強過ぎて、独りよがりな文で失礼しました(笑)
もっと重い病気を抱えたお子さんも沢山居る中で、みみはこの程度で済んでいてluckyだったと最近では思えるようになりました。
親として精神的に逞しくしてもらったところもあります。
色んな悩みがありますよね、育児って。
これからも力を合わせて頑張りま~すi-265

NAME:HOUKISOU | 2010.01.15(金) 19:12 | URL | [Edit]

 

大変でしたね…

私なんか、息子が生まれて黄疸にかかって
再入院しただけでアタフタしてました。
次男の時は帝王切開で自分の体が辛かったけど
子供が病気になると精神的に辛いですね。
でも、元気に3歳の誕生日を迎えられて
本当に良かったですね v-354

うちの長男は超アクティブで、よく怪我して
何度もER へ行きました…
次男も、モンキーバーから落ちて額がパックリ…
10針くらい縫ってもらいました。
スゴイ傷跡が残らず、ラッキーでしたが。

育児って、予期せぬ出来事がたくさん。

NAME:クランベリー ソース | 2010.01.15(金) 23:46 | URL | [Edit]

 

どうか素敵なバースデーを!

ひいちさんとの関係もふくめて、
熱い思いでいっぱいになりました。

支え合って、がんばっての今
だったんですね。
3歳のバースデー特別な思いですよね?

それを乗り越えてきた強さ、
HOUKISOUさんにもみみちゃんにも
深くつながった関係と一緒に
しっかりと刻まれていると思います。

NAME:素が屋 | 2010.01.16(土) 00:01 | URL | [Edit]

 

HOUKISOUさんご夫婦の心労はどんなに大きかったことだろうと思います。特に、抵抗力もまだなく小さい我が子の治療とはいえ、苦しそうな様子をみると胸を絞られるような思いだったことでしょう。

うちの娘も生後、3か月で目の手術をしました。
まだ、視力がはっきりしないうちに、恐がらないうちに、ということで早めの手段だったのです。
目の際から細い管を入れて涙管を通すものだったのですが、手術室の前で泣き叫ぶ3か月の子供のわめきをただただ、外できいているしかなかった、あの空気は今でも覚えています。

みみちゃんが元気にお誕生日を迎えることができたことに、そして頑張ったご家族みんなに、乾杯~e-2

NAME:ピヨピヨっち | 2010.01.16(土) 00:29 | URL | [Edit]

 

クランベリーソースさんへ☆

クランベリーソースさんも色々大変だったんですねi-201
息子さんの黄疸に、帝王切開、怪我でER・・・
みな様々なことを乗り越えて、少しずつ成長していくんですね。
10針縫うって大変なことだったと思います。
ご心配だったでしょうね。
ほんと育児って予期せぬことの連続ですね。
紆余曲折あったからこそ、平穏無事に暮らしている現在がありがたいと感じます。

NAME:HOUKISOU | 2010.01.16(土) 09:44 | URL | [Edit]

 

ピヨピヨっちさんへ☆

ピヨピヨっちさんのお宅も色々大変だったんですね・・・。
皆さん色々なことを乗り越えて「今」があるんだなぁと感慨深くなりました。
ピヨピヨっちさんも、娘さんの目のこと、かなりのご心労だったのではないでしょうか。
親って自分が代わってあげたいって心から思いますよね。
これは親になってみて初めて心から自分の親に感謝した瞬間でもありました。
自分もそうやって育ててもらったんだなって。
来週の誕生日は楽しみたいと思います♪
温かい心に響くお言葉をいつもありがとうございますi-176
ほんと励みになりますi-189

NAME:HOUKISOU | 2010.01.16(土) 09:55 | URL | [Edit]

 

素が屋さんへ☆

そうなんです。ひいちとは高校入学当日からの親友でして・・・
当時毎日つるんでいました
今では離れてしまってるので、なかなか会えないのですが

みみが自分の病気を何歳くらいから理解出来るのかはわかりかねますが、呼吸音のせいで友達にからかわれることも出て来るのではないかと懸念しています。
けれど、それを乗り越える精神的な強さを身に付けて欲しいと感じています。
温かいコメントありがとうございました i-189

NAME:HOUKISOU | 2010.01.16(土) 09:58 | URL | [Edit]

 

おめでとうございます。

こんにちは。いつもブログへのご訪問&コメントありがとうございます。

小児循環器で亡くなる子をたくさんみていると、

「七五三」の意味が分かるようになりいました。

昔、七五三の年まで子供が生きることが、どれだけありがたいことだったのか。

今では、ただの年中行事の一つにも考えられますが、とても意味のあることだと思います。

一生懸命育てられましたね。おめでとうございます。

NAME:kano | 2010.01.17(日) 11:47 | URL | [Edit]

 

kanoさんへ☆

お忙しい中をご訪問&コメント頂きまして、ありがとうございます。
私達夫婦も今回しみじみと「七五三」のお祝いには深い意味があるのだと痛感致しました。
みみの場合も「3歳を過ぎれば安心」という訳ではないですが、とにかく一つの目標として育てて来たので、今は誕生日をとても嬉しく思っています。
kanoさんのブログで他にも重い病気で闘ってるお子さん達を拝見するにつけ、みみは命に関わる病気ではないのだから、地に足をつけて、親としてもっと大きな気持ちでドッシリ構えて育児をしようと気持ち新たにしました。
私は気管切開の危機だけでおろおろしていまうダメダメ母なので・・・。
kanoさんみたいなお医者様を本当に尊敬しています。
くれぐれもお体無理せずになさって下さいね。
遠くから応援させて頂いております。

NAME:HOUKISOU | 2010.01.17(日) 17:52 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ♪はじめの一歩♪, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。