dj_top

houkisou*

Author:houkisou*
 * My Family * 
夫    
長男 そう (11)
長女 みみ (5)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

2012年 03月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【14件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【18件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【22件】
2010年 09月 【26件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【27件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【30件】
2009年 12月 【12件】

家族* (33)
子ども達* (17)
息子* (41)
娘* (43)
自分* (9)
お出掛け* (49)
小学校の図書室* (16)
絵本・本* (16)
子どもの病気* (6)
衣* (6)
食* (15)
住* (3)
インテリア* (10)
雑貨* (2)
考えごと* (5)
記念日・行事* (16)
親* (6)
入園準備* (6)
贈り物* (8)
携帯投稿* (12)
はじめまして* (1)
未分類 (1)
震災 (10)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

http://houkisou.blog110.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.04.01(Fri) 00:30
こんばんは。
娘みみの肺炎。このまま行けばあわや入院!と思ったのですが
何とか月曜日からは 熱も下がって あとは咳が残ってるだけです^^
完治目指して頑張ります。
ご心配下さった皆様 本当にありがとうございます!


地震以来 息子そうは 何に対しても「無気力」になってしまって
常にボーッとしてる印象があります。
勉強も宿題もピアノもお手伝いも 全く手付かず。
TVばかりボーっと見ています(泣)

娘みみは 怖い夢を見ることが増えたし。

二人とも怖い思いをしたせいで 心が「休ませて」って言ってるのかもしれません。
私は 母として おおらかな気持ちで接することが大事ですね。
イライラせずに。
肝に銘じなければ。

被災していない我が子ですら こんなに不安定になるのだから
被災地の お子さん達の精神状態はどれ程だろうと とても心配です。


*****


今日は 久々に そうの友人が遊びに来て 子ども達は大はしゃぎ!
(少々うるさく感じる程に。苦笑。)
でも。
久々に 心から笑顔の子ども達の様子が見られて 私も嬉しかったな^^
昼食には パスタとスープを作りました。
お友達が喜んでくれて スープを三杯もおかわりしてくれて(嬉)^^


今日は満足そうな様子で 眠りに就いた我が子達です。

明日も穏やかに過ごせたらいいな。



****

皆様の明日も 穏やかな一日でありますように。

世界中からの応援メッセージとともに。
ゆず『Hey和』。


捨てない希望守り続けてゆく
願いをこめて今 想いは繋がる
いつも君がいるから・・・ 
Trackback(0) Comment(43) 
Category:震災 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.03.27(Sun) 14:30
大地震の日 停電の夜。
子どもたちの様子・・・
忘れていましたが 一枚だけ写真を撮ってありました。

停電

いつでも外に逃げ出せるようにと 洋服のまま就寝。
(息子なんて帽子もかぶったまま)

玄関前の狭いスペースに
キャンプ用シートを敷いて寝るまでの時間を過ごしました。
寝る時は このままの恰好で 隣の和室に 布団を敷いて就寝。
息子は 携帯ワンセグで ニュースに釘付け!
(電池切れたら困るから ちょっとだけしか見れなかったけど)





ランタン
停電時の夜には 首から懐中電灯をぶら下げて(紐を自分で付けました)行動です。
夜中にトイレに行くのも 真っ暗で危険だから 懐中電灯はとにかく大事!


アウトドア用のランタンも活躍したけど 何せ単一電池を6本も使うので
極力使用は控え 殆どキャンドルの明かりで過ごしました。




snow12_20110327135937.gif




我が夫は・・・
被災地に救援物資を届けに行きました。
その時に 仕事で撮って来た沿岸の写真。


沿岸


沿岸2
ブログへの掲載は迷ったのですが・・・
少しでも実状をお伝えすべく掲載することに。


被災地に入った途端 あまりの惨状に言葉を無くしたそう・・・。
どんな言葉も適切では有りませんが
どうか少しでも 被災地の皆様の健全な生活環境が確保されるように
心より お祈りしております。

現地では ガソリン不足が深刻だそうです。
ニュースではどんどん送られている様子ですが
何しろ被災地のガソリンスタンドが壊滅的なので ガソリンを保管する場所が無いらしいです。
抜本的な対策が見つかることを 切に願います。



Google 安否情報のサイト→http://japan.person-finder.appspot.com/ 
Trackback(0) Comment(39) 
Category:震災 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.03.26(Sat) 21:30
-----3.16(水)-----


そうは学校が再開したものの 明日はもう終業式。
この日は 黙祷と校長先生のお話だけで 早めに帰宅する。

私は自転車で少し遠くのスーパーへ。
ここは意外と品揃えが豊富なスーパーで一安心。数日分の食料は確保。
自転車の前カゴ・両ハンドルに荷物をいっぱい下げて帰る。
みみは 義父にお願いしてお留守番。
スーパーで 見知らぬオバサマから「小さい子がいるお宅なの?オムツ足りてる?大丈夫?」と
優しく声掛けをして頂く。
見知らぬ人に温かい言葉をかけて頂き ホッと和んだ。
私も困っていそうな方には声を掛けるようにしている。

午後 みみの咳が悪化したので かかりつけ医では無く
近所の内科に徒歩で行く。(ガソリンが無いため)
しかしいつも飲んでる喘息発作時の薬が手に入らず。



-----3.17(木)-----


そうは学校の終業式。
通知表を持って帰る。生活面の向上を嬉しく思う。

昨日の薬局から電話があり 明日には みみの薬が全部揃うとのこと。
良かった!



------3.18(金)-----


私の勤務先の小学校の先生が 急に我が家へいらした。
何かと思ったら・・・
「今日卒業式だったんですけど 子どもたちから手紙を預かって来たので届けます」と。
「いつも図書室を綺麗にして下さってありがとうございます」
「本が嫌いだったのに お勧めの本を読んでから本好きになってきました」など児童からの嬉しい言葉。
卒業生のみんなありがとう。
涙うるうる。
中学に行っても みんな頑張れ~!!
とても元気が出た。



-----3.20(日)-----

みみがとうとう発熱。
39.6℃・・・
夕方になって 号泣して 顔色も悪くなったので 休日当番医を調べて行く。
ガソリンもギリギリだったけど 何とか 行って帰ってくることが出来た。
一般的な風邪薬が出たのみで帰宅。


この日は結婚記念日。 
夜中に帰宅した夫は 私のお気に入りのシャンプーを買ってきてくれた。
子供達からは絵のプレゼント。
みんな有難う。



-----3.22.(火)-----


朝からガソリンスタンドに並んで 二千円分のガソリンをGET!

友人Mちゃんのご実家(沿岸)の無事を確認。
内陸に引越してくるとのこと。
小1の姪っこちゃんは 早速こちらの小学校に転入手続きしたようだ。
早く新しい学校に慣れて 少しずつでも傷が癒えますように・・・
応援してます!



-----3.23(水)-----


みみの高熱が下がらない。
ガソリンも入れられたし いつものかかりつけ医へ。
(車で20分くらい)

すぐにレントゲンを撮って採血した結果 肺炎と判明。
点滴を二本して頂く。
そうも連れて行ったら 荷物持ちや 売店の買い物など 手伝ってくれた。



-------3.24(木)-------


大地震の日以来 全く休みが無かった夫。
夜当番の日もあって まさに不眠不休だった。
体調を心配していた矢先に発熱。珍しい。
この日は久々に仕事を休んだ。
風邪ひきさん二名(夫&みみ)を留守番させて 私&そうは穴場のGSへ。
穴場とは言え 最低でも1時間は並ぶ。
(他のGSだと3時間は当たり前だから かなりマシ!)
自分の車に入れてから 今度は 夫の車にもガソリンを入れてあげる。
2台分のガソリンを それぞれ二千円分ずつ GET!
両方の車とも 目盛りの半分ちょい過ぎたので まずは安心。



-----3.25(金)-----


昨日は点滴の効果か 比較的元気だったみみも また発熱。
また かかりつけ医に行き 点滴二本コース。
朝10時に病院に行き 帰宅したら 夕方5時だった・・・へとへと。
今日も点滴に付き合ったそうも ご苦労さま。
土日で体調が改善しなかったら 月曜日からの入院を示唆される。
何とか入院は回避したいぞ!


夫は今日は無理して仕事へ行ったら 熱が更に上がって帰宅~(涙)



------3.26(土)-----


息子は久々に塾へ。
塾の目の前のデパートで地震翌日にガス爆発があり死傷者も出る大きな事故だった。
(地震の影響で 地下のガス管が破裂したらしい)
それ以来 心配で塾を休ませていたけれど 今日は行きたいという息子の意思を汲んで
行かせることに。

発熱の夫は 近所の病院で点滴をしてもらった。

みみはまだ微熱&咳。
早く良くなるといいな。

子ども達は未だに来る余震に怯え 私から離れない毎日。
早く少しでも安心出来る日に近づくためにも
私も母として 明るい笑顔で子どもを守っていかなくては!
前進あるのみ^^!





*******************************************************************


長々と日記を列記し お見苦しくてごめんなさい。
またこの記事で 何かお気に障る表記が有りましたら 本当にごめんなさい。
お詫び申し上げます。

まだ毎日余震が続いたり 原発の心配もありますが・・・
今は私自身の生活を精一杯生きて 動ける時にはすぐアクションを起こせるように!
と思っています。

悲しい話も沢山ありましたが ここには書きませんでした。

知人が被災地へ何度か赴きましたが 被災地のガソリン不足は未だに深刻そうです。
小さな避難所や 自宅で避難している人には未だにうまく物資が行き渡らない様子も…。
物資はあるのに とにかく足りないのはガソリン&マンパワー!だそうです!!
どうかどうか一刻でも早く改善されますように。


皆が 明日に向かって少しずつでも歩き出し
小さな笑顔が積み重なっていきますように。

心も体も 皆さんどうかお元気で!!


ブログのお友達に 今回も沢山沢山 励まされました。
温かいコメントを下さった皆様 本当にありがとうございました!

殆ど被害が無かった私なのに・・・そのことをとても 心苦しく思っています。

皆さんも大変な思いをまだまだされていると思います。
計画停電も本当に疲れるだろうと思います。
今はそれぞれが出来ることを精一杯 やっていきましょう!!

今の子どもたちは大丈夫!逞しく育ちます!
絶対に日本は立ち直ります。

戦後の日本が大きな成長を遂げたように いつかきっと・・・・。

pray for Japan☆





Google 安否情報のサイト→http://japan.person-finder.appspot.com/ 
Trackback(0) 
Category:震災 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.03.26(Sat) 21:25
-----3.12(土)-----

地震直後 携帯のメール&ネットは使用出来ていたのに
明け方から とうとう「圏外」になり使用できなくなる。
誰とも連絡がつかなくなり 不安が募る。

ずっとラジオを聞いていたら 沿岸の甚大な被害の様子が段々分かってきて
ものすごく不安になり 知人の安否が気になる。
本当に言葉も出ないほどの ショックである。

停電で 銀行のATMも機能ストップ。
手持ちの現金が少なくて心配だったので ラジオで情報収集し
「○○銀行○○支店のATMはやっています」というので 行ってみると 既に大行列。
しかも私の数人前で ATMのバッテリー切れ?で 現金下ろせず。
「○○支店なら大丈夫ですので 行ってみて下さい」と言われ
そちらに行ってみるも空振り。
ガソリンの無駄使いをしてしまった。
仕方ないのでダメ元で  地元の支店に行き その場に居た行員さんに相談したら
身分証明書のみで 10万円まで下ろせるとのこと!ホッ。
10万円おろしておく。
まだまだ続く停電。
冷蔵庫内の なま物が心配なので アウトドア用の大きなクーラーボックスに移し替える。
保冷剤と雪を沢山入れておく。

我が家のトイレは タンクレスの自動なので 停電になると流せなくなる。
仕方ないので そう&みみは バケツにビニールを入れて新聞を敷き そこにさせる。
私だけ自宅トイレを使用。(流せないけど!大汗)

この日から みみは激しい咳を始める。



----3.13(日)----


やっと職場から一旦自宅に戻った夫に頼んで ガソリンスタンドに並んでもらう。
三時間並んで 10リットルだけ入れられた!
夫はすぐにまた仕事へ。

みみは段々調子が悪くなり 腹痛も訴えるように。
自家中毒らしき症状。
咳もひどい。
この日の夕方 やっと電気が復旧!!
電気がついた途端 そうと抱き合って号泣!!
今迄どれだけ 電気の恩恵を受けて生活をしていたか しみじみ実感。
クーラーボックスに入れてあった食材を 冷蔵庫に移す。
洗濯も三日ぶりに出来た。
みみの喘息吸入も三日ぶり!

夕方スーパーに行ったら 殆ど何も無い状況。
パスタ一袋と人参・ピーマンが買えたのみ。
しかもこの地区はまだ停電中で レジが使用出来ず 電卓での会計だった。

携帯電話も「圏外」からアンテナ三本立って 無事通話できるようになったものの
沿岸の被災地の方のことを思い 極力使用を控えることに。



------3.14(月)------


まだ断水の続いてる友人に「良かったらお風呂に入りに来て」と連絡するも
ガソリンが無くて来られない状況とのこと。
その翌日に友人宅の水道も復旧した様子。良かった。

何を食べても感謝。
お風呂に入れることも感謝。
何もかも 有難く感じながら 家族一緒に居られる有難さを 噛み締める。
 
Trackback(0) 
Category:震災 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.03.26(Sat) 21:15
あの大地震の日から 2週間が経過しました。
未だ安否の分かっていない方々の情報が 一日でも早く入手出来ますよう お祈り申し上げます。

お家を無くされた方 お怪我やご病気をされた方には心よりお見舞いを申し上げますと共に
亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



*******************************************************************




大地震の日から 地に足の付かない生活が続いている。
本当に大変なのは被災地の方々で 私はこんなに恵まれた環境に居るのに・・・
こんなことじゃいけない!贅沢だぞ!と思いながらも 元気が出ない。
テレビを観ながら 被災地の方々はこんなに頑張ってるのに 自分は何も出来ない!と
自分をついつい責めてしまう。
何も出来ない 自分が 本当に腑甲斐無い。




あの日から今日までを時系列で振り返って 少し自分自身の頭を整理したいと思う。


以下 長くなって申し訳ありません。



*******************************************************************





-----3.11(金)-----



PM1:00
午前保育で帰宅したみみと一緒にお昼ご飯を食べ 二階で一緒に絵本を読み
その後 眠ってしまったみみを ベッドに寝かせた。


PM:2:30過ぎ
私は 寝ているみみの傍らで のんびり読書していた。
そこへ あの地震が!!

その2日程前に 大きな地震があったので その余震だろうなぁと呑気に考え
暫くはジッとしていたものの・・・
段々大きくなる地震!!
長い長ーい 横揺れ!!
さすがにこれはマズイっっ!!
慌てて みみを抱っこし コートを着せ 帽子を被せ 玄関の外へ。
庭の真ん中で みみの頭を守りつつ 暫く二人でうずくまっていた。
余震のたびに 大きく揺れる電柱。今にも切れそうな電線。停車中のバウンドする車。
大声を上げて飛び立つ白鳥。
凄く怖かった。
家の中の様子を見に戻ったら・・・
ピアノの位置が大きくずれ その上に置いてあったコンポ・写真立てが全部落ちていた。
食器棚もガチャガチャ。
引き出しという引き出しは全部 開いていた。
そして 電気がつかない(><)
そんな中 隣の市に住んでる仲良しの友人Mちゃんから「大丈夫?」メール受信。
「大丈夫だけど 停電だよ!」「うちもだよ!」
そうなんだ・・・広範囲で停電なんだ・・・とドキドキ。
でもこの時点では 停電はすぐに復旧すると思っていた。
東京の実家や 関西の兄 北海道のひいち 東京の友人数名にも
メールを通じて この時点で無事を知らせることが出来た。


PM:3:00
たまたま仕事で 自宅付近を回っていた夫が立ち寄ってくれた。
「パパ~!怖いよ~!」とギューっと抱きついた みみ。
夫は「安心して。大丈夫だからね。」と 後ろ髪をひかれた様子ながらも
そのまま仕事へトンボ返り。


PM3:30過ぎ
心配なのは 学校へ行っている息子そう。
学校まで迎えに行くべき?
すれ違ったら困るから このまま自宅で待つべき?
悩んでいた矢先に 何と 担任の先生に連れられて そうが帰宅!
私に抱きついて 泣いてしまった息子。
怖かったよね(><)
息子を無事に家まで送り届けて下さった先生には本当に感謝です。


PM4:00
すぐ復旧すると思った電気が すぐには復旧されない様子なので
とりあえず 家の中にある 停電時に役立ちそうなものを揃える。
電池・懐中電灯・アウトドア用のランタン・カセットコンロ&ボンベ・ラジオ・キャンドルなど。
我が家はオール電化住宅なので 停電になると 暖もとれず 食事も作れない。
替えの電池も無くて不安だったので 車に子ども二人を乗せ 近くのホームセンターへ。
大抵の店は閉店していたものの 近所のホームセンターだけは臨時の青空店舗で開店していた。
私はまだ列の最初の方だったけど 私の後ろには とてつもなく長い行列が出来ていた。
乾電池・懐中電灯・湯たんぽ・カセットボンベを購入。
停電でレジが使用不可なので 電卓で会計を済ます。
寒い寒い夕方の買い物だったので そう&みみは車の中で待機させていた。
買い物を終えて車に戻ると 大きな余震に怯えて・・・
毛布にくるまって抱き合う二人の姿が。
怖い思いをさせてしまったな。ごめんね。
停電で信号がつかない渋滞の国道を横切るのが怖かった。


PM5:00
たまたまこの日は午前中に夕飯支度を済ませていたので 明るいうちに三人で夕食を済ませる。
隣に住む義父は 地震を恐れる様子も無く
「我が家で一緒に寝たら?」と言っても「大丈夫だから」と。
義父の家にある 反射式石油ストーブでお湯を沸かし
湯たんぽにお湯を入れてもらい 暖を取る。
早めに布団に入ったものの 度重なる余震に 全く眠れない。
ラジオでずっとニュースを聞いていたら 沿岸が津波でひどいことになってる様子・・・。
地震直後にメールが来たMちゃんの出身は沿岸・・・。
とってもとっても心配!!!

みみは疲れきった様子で比較的早く寝たものの
全く眠れない息子そう。
頭をクッションでガードし 懐中電灯と 携帯電話を首から下げたまま
ちょっとウトウトしては 余震で起きてしまう始末。
隣でずっと抱きしめてあげる。私も勿論眠れない。
ラジオとランタンを付けたままの 長い一晩が過ぎた。 
Trackback(0) 
Category:震災 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ♪はじめの一歩♪, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。